「立川の3世帯住宅」図面というレシピを書くこと

「立川の3世帯住宅」先日から描き進めていた実施図面が完成しました。建築意匠図面や構造図、設備図、電気図など、その図面枚数100枚以上。1軒の住宅を建てるのに、ここまで図面を描くのは少し多すぎるのかもしれませんが、細かな仕様や納まりを現場へ伝えるために、どうしても枚数が多くなってしまいます。

職人さんにぱっとイメージ写真を見せて、こんな感じでと伝えるだけで、イメージ通りの空間が出来れば良いのですが。現実には、そんな簡単にはいきません。図面によって職人さんに具体的に作り方を伝えることで、始めてその空間を実現することができるのです。

料理も同じですが、完成写真を見せれば、すぐにおいしい料理が出来る訳ではありません。材料の選び方から材料の加工や調合方法、彩りや盛りつけ方法など、そのレシピ(作り方)を具体的に伝えなければ、確実にそこへ辿り着くことはできません。図面=レシピを書くことで現場へその空間の作り方を伝えているのです。

実施図面完成 実施図面完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です