「燕の空き部屋セルフリノベーション」キッチンカウンター材料探し

「燕の空き部屋セルフリノベーション」今回はキッチンカウンターの材料探しです。仕事ではお客さんの家のキッチンカウンターを設計したり、既製品から選んだりしているのですが、ただいつもと同じようなキッチンカウンターを作ったのでは、設計を生業としている者として面白くもなんともない。このブログを読んでる人にとっても、ネタとして新鮮みがないでしょうし。

そこで!以前からやってみたいと思っていた、無垢材でキッチンカウンターを作ろうと思います。木のカウンタートップといえば、集成材を使ったキッチンカウンターは稀に見かけるのですが、無垢板を使ったカウンターは今まで見たことがありません。耐水性やメンテナンスの問題、加工の難しさ、また経年変化による板のネジレやソリなどの動きがあるため、採用するには細心の注意が必要になるからでしょう。それもあって私もお客さんの家でキッチンに無垢材を使うのを敬遠してきました。今回は自分の家のキッチンカウンターですので、敢えて実験台となってみようと考えた訳です。

無垢材と一言でいっても無数の種類があります。また、ちょうど良いものが手に入るかどうか、それも分かりません。そこで。困ったときの材木屋頼み。無垢材専門店「新発田屋」さんへ相談に。多くの材木がある中で、候補に上がったのは「榧(かや)」の木でした。まな板に使われるほど耐水性が高く、香木のような高貴な香りがします。シンクやコンロの位置も問題なく納まりそう。こちらを現場に搬入し、加工作業へと入っていきます。

無垢材キッチンカウンター 無垢材キッチンカウンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です