「立川の3世帯住宅」スタディ模型完成

「立川の3世帯住宅」スタディ模型が完成しました。模型を眺めながら、再度、壁の位置など平面の変更を行なっています。吹き抜けやスキップフロアなどで3次元的に繋がる空間は、模型を作ってみるとその構成や空間の繋がり方が良くわかります。

模型を作っては、平面を調整。何度も繰り返すことで、次第に建物の完成度が高まってきます。少しづつマイナーチェンジを繰り返すことで、ひとつひとつ問題点や改善点をクリアしていきます。

立川3世帯住宅スタディ模型 立川3世帯住宅スタディ模型 立川3世帯住宅スタディ模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です