「立川の3世帯住宅」模型の内部写真

「立川の3世帯住宅」スタディ模型が完成しました。模型の内部を覗くと、こんな風景が見えます。テーブルや椅子、ソファなどが置いてあると、立ち現れてくるであろう室内空間をリアルに見ることができます。

陽の当たる場所に、模型の方位を実際の敷地と合わせて置くと、室内に差し込んでくる光の雰囲気がとてもよく分かります。陽の入り方を確認するため一日を通して模型の中を覗いていると、東の窓から入った陽の光は、時間と共に反対の壁へと少しづつ移動し、夕方にはオレンジの西の陽が室内を照らしました。模型を作ることで、空間スケールや空間ヴォリュームを確認できるだけでなく、どのように陽の光が差し込むか、室内がどんな明るさになるか、なども確認することが出来ます。

3次元の室内イメージパース(透視図)を描く事務所もあるかと思いますが、私の事務所では模型製作を優先しています。何故かといえば、パース(透視図)では、誇張が可能だからです。狭い部屋でも広く描くこともできますし、暗い部屋でも明るく描くこともできます。逆に実際の寸法に基づいて作った模型では、嘘をつくことができません。その見えているままの空間がそのまま現実に立ち現れてきますから。

模型を覗きながら、ちょっと圧迫感があるので、天井を高くしようとか、暗いので窓の位置や大きさを変えようとか、さまざまな調整を重ねていきます。あくまでスタディの為の模型ですから。

模型内部写真 模型内部写真 模型内部写真 模型内部写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です