「上越高田の平屋」漆喰壁塗装工事

「上越高田の平屋」内装壁の塗装工事に入りました。壁仕上げには、漆喰塗装を採用しました。つや消し仕上げのようなざらっとした質感が特徴です。室内に差し込んだ光が白い壁に反射して、部屋全体を明るく照らしています。下地ボードだった時と比べると、室内が数段、明るくなったように感じます。

表面がつるっとしていて反射率の高いビニルクロスや水性塗料ですと、もっとカチッとした硬質な雰囲気になるのですが、漆喰塗装を使うと壁に当たる光のグラデーションが豊かで、空間が柔らかな雰囲気になります。

また、見た目だけでなく、湿気を吸ったり放出してくれたりといった調湿効果もあることから、室内環境が安定します。何よりも、あのビニルクロス張りや塗装をした直後の接着剤系の匂いがないというのが一番の利点。塗装をしている横で打合せをしていても気にならない程です。以上のことから、私の事務所では漆喰塗料を定番と言ってよいほど、よく採用しています。

漆喰壁塗装 漆喰壁塗装 漆喰壁塗装

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です