「上越高田の平屋」明暗、狭広、高低と変化する空間

「上越高田の平屋」天井仕上げが完了し、現在、壁下地ボード張り工事が進んでいます。少しづつですが、確実に工事は進んでいます。現場内には動き回るスペースもない程、続々と材料が搬入され、職人さん達が入り乱れています。

壁のボードが張られ、クネクネと折れ曲がる空間構成がより、はっきりと見えてきました。写真ではこの空間の面白さをなかなか伝えきれませんが、場所ごとに明暗、狭広、高低と、空間が表情を変えていきます。

人の感情というのは一定ではありません。明るくオープンな場所にいたいこともあれば、時には一人でじっと閉じこもっていたいこともあったり。このような多様な性格を持つ空間であれば、その時々で、自分の気分に合った空間を選んで過ごすことが出来るという利点があります。今回は、場所毎の性格を変えるということを意識しています。

上越高田の平屋内装工事 上越高田の平屋内装工事 上越高田の平屋内装工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です