2世帯住宅を設計する上で最も大切なポイントは

2世帯住宅の設計で最も大切なポイントは、世帯間(世代間)の距離を設定することです。2世帯と一言にいっても、その関係性は多種多様。距離の近い世帯もあれば、距離の離れた世帯もあります。100世帯があれば、100通りの解があるわけです。互いが気兼ねせず、自分達のペースで暮らせるかどうかは、世帯間の心理的・空間的距離によって決まってきます。間取りという平面的距離感が、その世帯間の心理的距離感に合っていることが、互いに心地よく過ごすためには重要なのです。

私の事務所で設計してきた2世帯住宅には、玄関の入口から完全に居住エリアを分けている完全独立型から、玄関や浴室、リビングなど一部を共用する半同居型、寝室以外はすべて共有という完全同居型まで、さまざまなパターンがあります。各パターンとも、その組み合せ方によって世帯間(世代間)の距離には、ヴァリエーションがあります。

ただ、闇雲に生活エリアを離すだけでは、一緒に暮らしている意味はありません。折角同じ屋根の下に暮らす訳ですから、一緒に暮らすことのメリットを享受しつつ、つかず離れずの程よい関係を作り出すこと。それが2世帯住宅を設計する際の肝だと思います。

2世帯住宅の距離 2世帯住宅の距離 2世帯住宅の距離

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です