「花ノ牧の2世帯住宅」黒皮スチール製照明器具

「花ノ牧の2世帯住宅」のダイニングテーブルの上には、黒皮スチールで製作した照明器具が吊り下がっています。トーンを抑えた室内の雰囲気に合った照明器具が、既製品ではなかなか見つからなかったため、特注製作してみました。

黒皮仕上げの艶やかな黒い箱。黒皮鉄板をそのまま溶接して製作しているためか、見た目からもその重厚な雰囲気が感じられます。所々に溶接跡が残る無骨な作りですが、その荒々しさがかえってこの空間に合っているような気がします。薄いアルミで作ったものとは、やはり存在感が違います。

照明器具の上部は箱状に加工してあるため、照明器具の上に様々な小物やグリーンを置くことができるようになっています。こちらのお施主さんは照明の上にグリーンを置いて、空間をアレンジしていました。飾る小物でまた違った雰囲気を作り出すことができそうです。

黒皮スチール照明 黒皮スチール照明 黒皮スチール照明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です