「燕のコートハウス」桧(ヒノキ)仕上げの浴室

「燕のコートハウス」の浴室の壁・天井仕上げは、桧(ヒノキ)仕上げとしています。そのため、浴室に入ると、ほのかな木の香りがしてきます。ヒノキにはヒノキチオールという成分が多く含まれ、その成分には人をリラックスさせる効果があります。

ゆっくりと浴槽に浸かって一日の疲れを癒す空間には、ヒノキの柔らかな見た目と香りが最適と考えました。浴槽に浸かれば、目の前の窓からはプライベートな中庭を通して空が見え、開放感のあるリラックスした時間を過ごすことができます。

水廻りに木を使うことはメンテナンスの点で敬遠されることも多いのですが、手間を掛けただけ快適な時間がきっと得られるはずです。実際にこちらの浴室の写真は、竣工から2年経った後の写真です。カビ等の汚れも無く、とてもきれいに使われています。ユニットバスのような無機質な浴室ではなく、こんな落ち着いた雰囲気の浴室もオススメです。

ヒノキ仕上浴室 ヒノキ仕上浴室
ヒノキ仕上浴室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です