「新潟浦山のコートハウス」障子戸に落ちる樹々の影

新潟浦山のコートハウス。こちらの住宅、中庭に面した開口部には全て引き込み障子戸を取付けてあります。この障子戸、光を遮り、視線を遮り、外気温を遮るなど、様々な効果を期待して設けられています。障子戸を閉めれば、夏の日差しが強い時には光を柔らかく拡散し、夜には隣からの視線を遮り、冬の寒い季節には2重サッシのように断熱効果を上げることができます。昔から使われてきた障子戸ですが、改めて見直せば今の生活にも十分通用する効果が期待できると感じます。

また私の事務所では、障子の張り替えが面倒、破れたらみすぼらしい、という方には塩化ビニル製のホームワーロンという強化障子紙をオススメしています。こちらの新潟浦山のコートハウスでは猫を飼っていますので、通常の障子紙では直ぐに爪で穴を空けられてしまいます。そこで、こちらの強化障子紙を採用してみました。猫の爪は鋭いので、もしかして、と少し心配していましたが、今のところ猫たちに破られることなく、障子戸は無事にその姿を保っています。また見た目も言われなければ、それが塩化ビニル製だと分かる人は少ないほど、自然な質感でできあがっています。

障子の利点として様々な効果があるのですが、私はその中でも一番素晴らしいと思うのは、樹々の影が映ることだと思います。風が吹けば影が揺れ、太陽に雲が掛かれば影が薄くなり、障子戸を開けているよりも閉めていた方が、外の環境変化を敏感に感じることができます。見えているよりも、見えていない方が感じることができる。人間の感覚というものは本当に面白いなあと思います。

障子戸に落ちる影 障子戸に落ちる影 障子戸に落ちる影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です