「上越高田の平屋」外観を分節する方法

「上越高田の平屋」現在、屋根工事が進んでいます。今回は、耐候性とコストパフォーマンス、屋根の軽量化を図るためガルバリウム鋼板葺きを選択しました。くねくねと折れ曲がる平面形状に加え、屋根の高さが場所毎に変化していくため、屋根の形はとても複雑。しかも積雪量が多い地域ゆえ、絶対に漏水が起こらないよう、取り合い部分の防水処理をしっかりとしなければなりません。工事に手間が掛かっているようです。

漏水に問題になりそうな箇所はないか、足場の上を歩きながら一つ一つ確認していきます。足場の上から建物を見下ろすと、いくつかの建物が集合してできたような形に見えます。ひとつのボリュームをどんと置くよりも、このように外観をいくつかのボリュームに分節することで建物の圧迫感が和らいで見えます。建物のスケールがヒューマンスケールに近づくからでしょうか。外観を分割する方法は、大きな建物をつくる際には有効な手段だと思います。

外観を分割する 外観を分割する 外観を分割する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です