上越高田の平屋 板描きと墨付けと手刻み

上越高田の平屋。大工さんの加工場へ打合せにいってきました。近年、柱梁や垂木などの構造材の加工はプレカット工場と呼ばれる機械加工工場で加工をすることが主流となっています。パソコン上で図面を作成すれば、その図面を機械が読み取り、オートメーションで機械加工を行なってくれるというものです。現在、工期短縮とコストダウンが可能になるため、国内の大半の木造はこのプレカットによって行なわれています。

今回の上越高田の平屋は、勾配屋根+角度のついた平面ということで、複雑な取り合いがうまれ、機械では加工できない部分がありました。今回施工をお願いした久保田建築さんはプレカットを使わず、昔ながらの大工の技術で加工を行なっている数少ない工務店。板描き(板に書いた寸法押さえ図面)を基に、柱梁一本一本に墨付けを行い(加工形状を墨で材料に書き込む作業)、手作業で加工を行なっていきます(手刻みと呼びます)。3次元的に複雑な角度で納まる部分の加工には高い加工技能が必要となってきます。が、大工さんは「さしがね」だけで簡単に墨付けを行なっていきます。見ているこちらがどうやっているのだろうと、不思議に思うほど。

手刻み加工が終われば、現場へ材料を搬入して建て方です。年末の竣工へ向け、急ピッチで工事が進んでいきます。

板描き 墨付け 墨付け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です