京都伏見稲荷大社 千本鳥居を訪れて

以前、京都伏見稲荷大社を参詣したときのレポートです。こちらの大社は、全国にある稲荷神社の総本山になります。境内は朝早くから多くの観光客で賑わっています。平日といえども午前10時頃には人でいっぱいになるので、できるだけ早めに訪れることがオススメです。

こちらで是非体験してほしいのは、千本鳥居。延々と参道に並んだ朱色の鳥居のトンネルです。緑の杜の中あって、鳥居の朱色がとても映えています。まるで異界への入口のよう。参道は途中でゆるいカーブを描いているため、遠くまで見通せません。歩いていくとつぎつぎと視界が開け、まるで奥へと誘われていくような感覚になります。

鳥居の隙間から落ちる陽の光。風にゆれる梢の音。鳥の鳴き声。トンネルを進むにつれ、現実の世界が後ろへと遠のいていきます。実際に訪れてみて分かったのは、写真などの映像で見ることと、実際に体験することは異なるということでした。ぜひ早朝に訪れ、体験してみてください。

京都伏見稲荷千本鳥居 京都伏見稲荷千本鳥居 京都伏見稲荷千本鳥居

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です