「岩室の家」6年目の杉板外壁の表情

岩室の家の外壁は杉板貼りです。鉋を掛けずに板加工したままの杉板を塗装せずに外壁に張り込みました。竣工当初は肌色に近い明るい杉の色目は、6年の時を経て、落ち着いた灰色へと表情を変えていました。灰色の外壁が庭木の緑の背景となり、より一層緑を引き立てています。杉板の白身の部分は雨風に削られ、赤身の部分が残り、うづくり加工をしたように木目がきれいに浮き出して見えます。

自然素材を仕上げに使う良さは年月とともに、味わいを増していくことだと思います。近年の工業化された外壁材ではこのような味わいは実現できません。新建材では、どうしても劣化や汚れとして見えてしまいます。自然素材を使う為には、定期的なメンテナンス必要となり多少手間が掛かってきますが、この表情は何にも代え難い価値だと思います。唯一、時間だけが作り出せる価値です。数年後、更にどんな表情へと変化していくのか、とても愉しみです。

杉板経年変化 杉板経年変化
杉板経年変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です