「燕の空き部屋」セルフリノベーション断熱工事

季節は夏に近づき、日に日に暑くなってきました。晴れた日には、部屋の中は熱さでサウナ状態に。断熱材がどれくらい使われているか、確かめる為に壁に穴を空けてみると。。。なんと断熱材が入っていません。それどころか、内壁ボード1枚裏は外。暑い訳です。これでは夏の暑さだけでなく、冬の寒さも相当なものでしょう。外壁が断熱されていないということは、屋根も同様に断熱されていないことが予想されます。今回、デザインだけでなく、住居性能を上げることも目標にしていることもあり、そのまま見ない振りをして内装だけを仕上げる訳にはいきません。工事の最初は断熱工事を行なうことに決定しました。

壁や天井を全て剥がし、一から断熱材を入れることもできるのですが、解体に更に手間がかかること、解体材の処分に費用が掛かることなどを考慮し、既存の壁天井は残し、その上に断熱を施し、内装仕上げを行なうことにしました。内断熱という方法で、部屋の中にもう一重、内装を作るようなイメージです。室内の容積が少し減ってしまいますが、DIYで工事を行なうことを考えると、なるべく工事を大きくしない方法を選択しました。

壁と床にはスタイロフォームを張り付け、天井にはグラスウールを入れ込みます。まだ断熱工事が半分終わったくらいなのですが、大分涼しくなりました。断熱材の効果は絶大。何とか真夏になるまでには断熱工事を終わらせたいと思います。

リノベーション断熱工事 リノベーション断熱工事 リノベーション断熱工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です