「燕の空き部屋」セルフリノベーション最初に行なうことは。。。

「燕の空き部屋セルフリノベーション」考えているだけは進まないので、そろそろ手をつけていこうと思います。リノベーションの最初にすることといえば。。。掃除!です。いるもの、いらないものを反射神経で判断し、いらない物をゴミ袋に放り込んでいきます。ここで大事な点は、迷っていてはいけないということ。いつか使うかもと使うこと無く取っておいたから、今ここに眠っていた訳で。大半の物は必要ないと割り切って私情を挟まずに処分すること。大きな物は粗大ゴミへ。小さな物はゴミ分別してゴミ回収へ。掃除はリノベーションの基本です。

片付けが終わったら部屋を見渡してみてください。物が無くなっただけでも、部屋が広く、明るく見えてきます。ただ狭くて暗かった部屋も少し片付けをしただけでも見違えるようになるかもしれません。物が片付くと、その部屋の良い所、悪い所など、もともとの空間の質というものがが見えてきます。この窓から朝日が入るなとか、意外と収納が多いなとか、通路がちょっと狭いなとか。

片付けの終わった部屋をじっくりと見て、今後どんな方針でリノベーションをしていくのか、考えます。現場の状況を見て、その都度判断していく所が新築の進め方とは大きく違う点かもしれません。「作りながら考える」といった感じ。まだ物は残っていますが、ある程度片付けが終わったので、いよいよ工事に取りかかっていきます。少し懐かしい木造の雰囲気が残る空間。今回はこの懐かしい雰囲気を活かしていこうと思います。

リノベーション掃除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です