新潟浦山のコートハウス 黒柿の新たな使い方

先日の打合せで決まった黒柿の無垢材抽き出し。加工を終え、抽き出し面材となって現場に搬入されました。板で見ていた時は、存在感が強く、もっと主張するのかと思いきや、家具として組み込まれると、独特の存在感を放ちながら、主張しすぎることなく、しっくりとその空間に馴染んでいるようでした。銘木と呼ばれる黒柿を、敢えて高級な設えでなく、ざっくりと使う。そんな使い方が今回、とても上手くいっているように思いました。製作した家具屋さんは、設置を終えた後、しばらく満足げに家具を眺めていました。

黒柿家具 黒柿家具 黒柿家具

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です