新潟浦山のコートハウス 無垢材カウンター選び

新潟浦山のコートハウス。施主さんとの打合せの中で、ちょっと印象を変えて、手洗いカウンターに無垢材を使ってはどうかととの話が出てきました。今回、工事の施工を手掛けているソリッド(新発田屋)は無垢材を取り扱っている専門店でもあります。倉庫内にはごろごろと様々な材料が在庫してあるということで早速、実際に無垢材を見に行ってみるとこにしました。無垢のカウンター材と一言でいっても、樹種、杢目の出方、色目の出方、耳付き、曲がりなど一枚一枚、様々な表情があります。また同じ板でも、見る角度が変わったり、上下方向を変えたり、裏表を変えると全く異なる表情が現れてきます。何枚も積んである板の中から今回選択したのは欅(けやき)材。少し赤みがかった木肌とクネクネとした杢目の少しハードな表情。これよりカンナ掛けを行い、洗面器の形にくり抜き加工を行ないます。どんなカウンターが出来上がるか、乞うご期待。

ケヤキカウンター材 ケヤキカウンター材

2 comments on “新潟浦山のコートハウス 無垢材カウンター選び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です