新潟浦山のコートハウス 内装工事

新潟浦山のコートハウス、竣工まであと1ヶ月半を切りました。大工さん達は現場内をあっちへこっちへとせわしなく移動しながら作業を進めています。床フローリングを貼り付けたり、建具枠材を取り付けたり。床材は一枚一枚寸法を測っては切断し、張り付け、また寸法を測ってと、地道な作業の繰り返しです。枠材や造作カウンターなども既製品ではなく、一つ一つ材料を加工して取付けるため、簡単には進みません。現場で寸法調整しながらの作業になります。細かな作業なので、大々的に工事が進んでいる様には見えないのですが、現場は着実に竣工へ向け進んでいます。大工さんの作業が終われば、次は塗装や建具や家具製作などの次の段階へ入っていきます。次の仕上げ工事の段階に入ると現場の雰囲気も一気に変わってきます。現場監理もいよいよラストスパートです。

大工工事 大工工事 大工工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です