新潟浦山のコートハウス コートハウスとは

現場打合せのため新潟浦山のコートハウスへ。現場ではアルミサッシが取りつき、外壁下地ボード貼りが進んでいます。外壁で囲まれることで、やっとコートハウスらしさが現れてきました。外壁で囲い込むことによって外部からの視線を遮りつつ、塀で囲われた中庭に対してはガラス面で大きく開放する、それがコートハウスの構成です。閉じつつ、開く。相反する要素を同時に実現することができます。外部から見ると閉鎖的でありながら、内部に入れば明るく開放的な空間が広がる建築。このような作りが、住まいに安心感を与えるのだと思います。

コートハウス中庭側 コートハウス中庭側 コートハウス中庭側

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です