上越高田の平屋 模型スタディ

手描き平面がまとまってきたところで、検討用の模型を作ります。四角い単純な平面なら模型を作らなくとも、ある程度どんな空間が生まれてくるか予想できるのですが。このようなくねくねとした平面は模型を作ってみないと空間を予想することが困難なのです。また部屋から部屋への繋がりや視線の通り方、スケール感や構造形式など、模型を作って始めて見えてくることも多いのです。

スタディ模型 スタディ模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です