「新潟浦山のコートハウス」現場で調整することの大切さ

現場打合せのため「新潟浦山のコートハウス」へ。既に屋根工事が終わり、外壁下地貼り工事が進んでいました。今までは何の境界も無く、外と中がダイレクトに繋がっていましたが、外壁下地ボードが貼られていくと、空間が次第に室内化していきます。この段階になると次第に空間構成が見え始め、室内での暮らしのイメージが現実味を増してきます。ここにお住まいになる施主さんと現場内を一緒に廻り、仕上げ材の色目や質感などを再確認し、最終決定していきます。

設計図面は2次元の情報でしかありません。3次元として立ち上がった空間の中に実際に立ち、現場調整をし、図面上で想像していた空間イメージへと近づける作業。これはとても大切な作業です。室内に光がどのように射し込み、風がどのように流れ、窓からはどんな風景が見えるのか。その場で感じたことを元に、更に良い空間になるよう方向修正をしていきます。

003 002 001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です