「江ノ島小屋」竣工から早10年

2005年夏に竣工した「江ノ島小屋」。完成から9年半の月日が経ち、いろいろな部分に少しづつ痛みが出てきました。相模湾を一望できるすばらしい立地と引き換えに、1年中潮風と強い日差しに晒され、台風の時には直接海水を被るような過酷な環境にも耐えなければいけない使命があります。

アルミでさえ錆びがつき朽ちてしまうような潮風に耐えるため、出来る限り木材を使用して建物を造りました。アルミやステンレスなどの新建材ではなく、最も潮風に耐えるものとして自然素材を選択したのは、耐候性が高いというのは当然ですが、時を経るに従い、色が変化し味がでて、魅力を増すと考えたからです。

当初は茶色だった外壁もグレーに色あせ、周辺は緑に覆われ、まるでずっと昔からそこに建っていたかのような風格を持ち始めていました。来年には竣工10年を迎えます。これからも長く使い続けていくために、少し手を加えていく予定です。

江ノ島小屋9年目 江ノ島小屋9年目 江ノ島小屋9年目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です