「長岡希望が丘の平屋」多様な場を作り出す方法

長岡希望が丘の平屋、竣工に向け工事は着々と進行中です。こちらの住宅は平屋ですが、外から見ると屋根の高さがいくつかに分かれています。単純な平屋では天井高さが一定になり、内部空間が単調になってしまいます。そこで今回は、天井高さに大きな差を与え(低い所は高さ2.1m、高い所は高さ4.0m)、場所毎に空間の質を変えることを試みました。天井の高い場所では開放的な広がりを。天井の低い場所では、籠るような落ち着きを。天井高に大きな差を付けたことで、小さな家でありながら多様な場が生まれていました。住まい手がその時の気分によって場所を選べる、そんな空間を目指しました。

天井高さ変化 天井高さ変化 天井高さ変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です