新潟浦山のコートハウス 基礎配筋工事

新潟浦山のコートハウス。地盤掘削に続き、基礎の配筋工事が始まりました。
設計図面通りに配筋が行なわれているか、設計者自らが検査を行ないます。これも設計監理業務のひとつ。基礎にどのような鉄筋を何本入れるかは、建物の自重や積雪荷重などを考慮して、構造計算を行って決めています。構造計算の内容を思い出しながら、どこにどのような荷重が掛かるか、力の流れをイメージしながら配筋を見ていきます。今回の基礎は、道路側に傾斜がついている複雑な形状。問題なく、検査終了。続いて、コンクリート打設工事へと続きます。

基礎配筋 基礎配筋 基礎配筋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です