「ぎんなん保育園」曲面に囲われた柔らかな空間

ぎんなん保育園の各部屋は、曲面壁で構成されています。曲面の壁に囲われた内側は保育室。曲面に切り取られた外側は、遊戯室という裏表一体の空間となっています。遊戯室はさまざまな曲率の壁に囲われ、くねくねとどこまでも続いていくようです。杉の仕上げと相まって、とても柔らかな表情の空間になりました。ある場所では視線が遮られ、ある場所では遠くまで見えたりと、移動するに従い、見える風景が刻々と変化していきます。見る場所、見る場所によって異なる空間の中にいるようで、動くことの無い建築空間がまるで動いているように感じます。

保育園を訪れたのは、昼食後の自由時間。あちらでは本を熱心に読み、こちらではボールを使って飛び回ね、同じく空間の中にいながら子供達は、自由にさまざまな活動を行なっていました。この空間のように自由で柔らかな人へと育っていって欲しいと願います。

柔らかな空間 柔らかな空間 柔らかな空間 柔らかな空間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です