ベーシックハウス07 杉板外壁の経年変化

ベーシックハウス07の外壁に貼られた杉板。
こちらの外壁は、杉の経年変化を楽しむため、敢えて塗装はせず、そのまま素地仕上げで貼られています。竣工から約5年。杉貼り外壁がどのように変化したか、確かめにいってきました。竣工当時は杉の明るい表情が印象的でしたが、雨と風に晒された杉板は、グレー色へと変化し、味わいのある落ち着いた趣きへと変わっていました。まるでここで暮らしてきた時間が外壁に刷り込まれてきたようです。時間を経ることで、価値を失うのではなく、逆に価値を増していく仕上げ。それは自然素材を使ったからこそ出せる価値なのでしょう。

杉板貼り経年変化 杉板貼り経年変化 杉板貼り経年変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です