「花ノ牧の2世帯住宅」木格子ジグザグ貼り

竣工後、半年が経過した「花ノ牧の2世帯住宅」へ伺ってきました。引き渡しの際には、まだ完成していなかった木の塀が中庭を取り囲んでいました。白いガルバリウム外壁の印象がシンプルなだけに、ただ木の塀を立てただけでは面白みに欠そうでしたので、ちょっと変わった木の貼り方を試みてみました。

その名も、木格子ジグザグ貼り。塀の内側と外側を同時に仕上げるために考え出した方法です。こちらの木塀、内部から見ても外部から見ても、表裏無く、同じ見え方をします。動きのある壁面が影を作り出し、とても面白い表情に仕上がっていました。フラットな白い外壁と、でこぼこな濃い茶の木塀。静と動。

お施主さんと中庭に植える植栽の打合せ。この中庭にどんな樹を植えるか、どのような雰囲気の庭にしていくかなど相談してきました。植栽が入るとまた建物の雰囲気もがらっと変わるのでしょうね。

ジグザグ木塀 ジグザグ木塀 ジグザク木塀 ジグザグ木塀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です