寺尾西の家 空間に安心感を与える連続梁

寺尾西の家の天井には、連続梁が表しとなっています。
455ミリごとに規則正しく並ぶ16本の梁。
通常ですと梁は天井を貼って隠してしまうのですが、
今回の計画では、そのまま力強い梁を見せてしまおうと考えました。
梁が見えても見えなくとも、構造耐力上の差は無いのですが
梁が見えることによって、空間に安心感が宿っているように感じます。
梁を美しく見せるためには、設計上も施工上も、大変に気を使います。
それだけに美しく仕上がった時の感動は、大きいものがあります。

連続梁表し01 連続梁表し02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です