「ぎんなん保育園」曲面合成梁の加工

「ぎんなん保育園」現場打合せへ行ってきました。工務店の加工場には、加工の終わった曲面合成梁が積み上がっていました。

今回の梁は平面に合わせ円弧を描いており、通常の集成材では製作が不可能でした。そこで、合成梁という組み合わせ梁を製作しています。上下2本の曲面梁をはしご状に組み合わせたフィーレンデールと呼ばれる構造梁。ちょっと特殊な構造です。

今回の計画では、10m以上の大きなスパン(梁間寸法)を木造で実現するのに、梁せいの大きな特注の梁材を使うのではなく、敢えて梁せいの小さな一般流通材 (120×120)を組み合わる方法を採用しています。一般流通材を使うことで、木材量を減らし=コストを抑え、経済的に大スパンをつくるというアイディアです。

曲面合成梁 曲面合成梁301

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です