「ぎんなん保育園」曲面土台加工

「燕ぎんなん保育園」工務店の加工場へ。

加工場では、土台部分の加工作業の真っ最中。加工場の床一杯にベニアを敷き詰められ、そのベニアの上には、原寸の梁の曲線が墨で書き込んであります。図板の上に曲面集成材の土台を固定し、治具で木の癖をとりながら、曲がり具合を調整し、突き合わせ部の加工を行なっています。

こちらの土台、実は場所毎で全て曲率が異なるため、1本1本、手作業で曲率を調整しなければなりません。かなり技術のいる仕事です。まさに大工さんの腕の見せ所。プレカット機械加工が主流となってきた現代に、このような曲面材を手加工できる腕の良い大工さんに出会えたことに感謝です。

曲面土台 曲面土台 曲面土台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です