「ぎんなん保育園」曲面集成材加工

プレスを掛けて出来上がった、出来たてほやほやの曲面集成材。次の工程は、プレーナー機にかけて、所定の仕上がり寸法まで削る作業。実際よりも少し大きめに作っておいて、曲がりや癖の出た材料を最終的な寸法へと整えていきます。

物差しを何度も当て、寸法確認しては削り、また計測と、繰り返される慎重な作業。最後にオーケーが出て、無事に加工が完了。

出来上がった曲面集成材は、この後、工務店の加工場へと送られ、ジョイント部分の加工が大工さんの手で行なわれる予定です。

003005

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です