燕ぎんなん保育園 図板作成中

燕ぎんなん保育園改築工事。
打合せのために加工場を訪れると、
大工さん達がベニア板を囲んで腕組みをしています。
その板には、屋根の梁組み図が書かれていました。
(この図を、図板と呼びます。)
このような「図板」を現場で見る機会はめっきり減りましたが、
木組み図を大工さん自ら書き、各部分がどのように納まるのかをイメージすることは
とても大切なことだと思います。
ただCADで書いた(パソコン上で書いた)図面を見るよりも、
大工さんは感覚的・経験的に、ここはどう組んでいけばよいのか、
はっきりと像を結んでくるようです。
私もその輪に加わり、「図板」を囲んで井戸端打合せ。

001_2 002_2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です