花ノ牧の2世帯住宅 静的な表情の外壁仕上げ

現場確認のため、花ノ牧の現場へ。
外壁工事が完了し、前回現場を訪れた時とは
建物の印象ががらっと変わっていました。
今回、外壁材として選んだのは、ガルバリウム鋼板の平葺き仕上げ。
ディテールを極力排したシンプルな納まり。
白色に近い色を選んだことからも、とても静的な表情となりました。
木で作る予定の動的表情の木塀。
その塀との対比を際立たせることを狙いました。
引き渡しまで残り1ヶ月半。現場はいよいよラストスパート。

001 002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です