「燕ぎんなん保育園」スタディ模型作製

「燕ぎんなん保育園」のスタディ模型を作製中です。クライアントと打合わせを重ね、少しづつプランに変更を加えてきました。曲面を描いた壁で保育室を区切っていくのですが、壁の曲率を変え、プランを調整する度、少しいじっただけでも空間構成ががらっと変わってきます。模型を作り中を覗いてスケールを確認し、また再び微調整。微調整がひたすら続いています。

模型を作っていると、納まりの悪い箇所や精度の悪い箇所が出てきます。このような箇所は、実際に現場で建物を作る際、同じように問題が発生する可能性が高い部分です。模型を作ることは、施工上・構造上の検証を行っているようなものです。基本設計のプラン確定まで後少し。模型を作りながら検証を重ねていきます。

001_3 002_3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です