模型をつくること

エスキスで大まかなのプランの方向性を決めた後は、
1/100模型を作りながらプランの詳細を詰めていきます。
空間の繋がり方や部屋同士の見え方など、2次元の平面図では見えてこなかった
色々な事象が3次元の模型を作ることで見えてきます。
今度は模型を作りながら、更に良い案へと平面を変更していきます。
作っては壊し、壊しては作りという作業を繰り返すことで、
少しずつ、全体の構成がはっきりとしてきます。
エスキスでも、手を動かすことで考えを深めていたように
手を使い模型を作ることで、考えがより深まっていきます。

001 002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です