燕ぎんなん保育園 スタディ模型の内部

円形壁に囲まれた柔らかな空間。
実際にどんな空間になるのか、スタディするために模型を作成中。
局面壁を建て込んで、模型の中を覗いてみます。
そこには、既存にある空間とは全く異なる、とても楽しく創造的な空間が現れていました。
子供達が走りまわる動きそのもののような、流れるような動線。
また、居る場所によって、遠くまで視線が繋がったり、
見えなくなったりと、様々に風景が変化します。
大人の視線を感じて安心感を感じたり、その逆に隠れて一人になったりと、
子供達がその時の気分で、自由に空間を選べるような多様な空間を用意します。

001_2 004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です