花ノ牧の2世帯住宅 連続した垂木の美しさ

昨日の小雨の天気とはうって変わって、春らしい青空。
車の窓からは、遠くの山並みが見えています。
昨日に引き続き、花ノ牧の2世帯住宅の現場へ。
建て方作業は着々と進み、昼過ぎには屋根垂木が組み終わり、
夕方には無事に屋根下地まで貼り終わりました。
今回の建物は、組んだ屋根の構造がそのまま表しとなる為、
部材のスタンプを消したり、釘打ちの位置出しをしたりと、
いつも以上に現場は気を使う作業となります。
連続した垂木を見ると、繊細で美しいなあと、感じます。
今回は、この垂木がそのまま内部に表われる仕様となります。

001 002 003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です