鵠沼のオフィス 圧迫感を軽減する天井格子

現場は天井造作工事の真っ最中。
もともと、このスペースは天井高が低くやや圧迫感がありました。
その圧迫感を軽減するため、天井には格子ルーバーを採用しました。
一旦、天井仕上げを解体し、天井高さを稼ぎ、
その後、配管等を隠すため木製ルーバーを設置します。
ここで、トラブル発生。
現場に届いた木製ブラインドが発注していた寸法よりも大きくて、納まらない。
新築とは異なり、リフォームの現場は、既存の建物に合わせて工事を行っていくため、
図面に書いた寸法通りには納まらないことがあります。
よって、現場で確認し、微調整をしていくことが大事。
また、工種や職種も多岐にわたるため、連絡事項の伝達確認が重要となります。
現場で協議した結果、残念ながら今回はブラインドの製作直し。
竣工目前。問題がこれ以上起こらないことを祈るばかり。

001 002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です