アントニン・レーモンド設計「新発田カトリック教会」を訪れて

新発田カトリック教会を訪れる。ここのところ立て続けにレーモンドの設計した教会を巡ってきたが、思えば私が最初に見たレーモンド建築がこちらの教会であった。端正な整形平面の多いレーモンドの教会建築にあって、円形の求心的平面を採用している、非常に興味深い建物。1966年竣工とレーモンド晩年の作品にあたる。

他の教会と同じように、こちらの建物もレンガ積みの壁の上に木造屋根構造、つまり、丸太で組んだ屋根組を載せる、いつもの構成をとっている。架構を美しく組み上げ、その架構を隠さずそのまま見せるのがレーモンドの特徴。円形の平面上に架け渡された梁組はとても複雑で美しい。皮を剥いだだけの杉丸太の柱は、まるで地面から生えているかのような生々しさだ。レンガ壁で囲まれた静寂の中に、柔らかい光が落ちる。

ARCHITRAVEL/新発田カトリック教会

新発田カトリック教会
住所: 新潟県新発田市中央町1-7-7
電話:0254-22-2046
見学日時:土日のみ。ただし見学には事前予約が必要です。

002_2 003_2 004_2