ミース・ファン・デル・ローエ設計 School of Social Service Administrationを訪れて

シカゴ大学キャンパス内に建つ、
ミース・ファン・デル・ローエ設計のSchool of Social Service Administrationへ。
高さ1.5層くらいの細長いシンプルな建物だ。
ミースらしく、黒いスチールとガラスだけで構成されている。
まさに、ミースの唱えた「Less is more.」
(より少ないことは、より豊かなこと)が、表現されている。
白いカーテンに落ちる樹々の影が風に揺れている。
ファンズワース邸と同様、樹々の影を室内に落とすことで、
室内に居ながら、外の環境を意識させようと意図したのだろうか。
スチールの黒、カーテンの白、芝生の緑、コントラストがとても印象的だ。

ファンズワース邸やクラウンホールとは異なり、床スラブが地面と接している。
つまり、基礎が地面の上にしっかりと根を下ろしている。
そのためか、ミースの他の建物よりも安定感を感じる。
しかし、ガラスを留めつけているスチール方立ては、
あくまで地面から縁を切り、つまり、浮き上がらせて見せることで、
垂直力を受けていないと、主張させているようだ。
ARCHITRAVEL School of Social Service Administration

041 042 043