燕ぎんなん保育園計画 細長案スタディ

とある保育園の建て替え計画を検討中です。
細長い敷地の中で、既存園舎を避けながら新しい園舎を建てるという条件から導き出された案は、全長100m以上の細長い平屋の園舎。子供達がこの長い空間を駆け回る姿を想像しながら作りました。
園庭に面した縁側のような空間からは、直接園庭に出ることが出来ます。また、この縁側空間は、運動会やイベント時には観客席として利用することができ、今後、保育園に求められていくであろう地域の人々との連携がより自然に発生していって欲しいという願いを込めました。
こちらの模型をたたき台に、スタッフや関係者との打合せがスタートします。果たしてどのような園舎に変わっていくのか。乞うご期待。

004 006 007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です