「鵠沼のオフィスリフォーム」空間という抽象的なモノを共有するために

オフィスの改装提案。今回はインテリア、つまり、内装の改装提案のため、いつもより模型をスケールアップして作製しています。家具などもより精巧に作り、スケールを確認していきます。打合せではクライアントにも模型の中を覗いてもらい、どんな空間になるのかを頭の中にイメージしてもらいます。

建築というものは、壁や床、家具、素材など、具体的なモノを使って、空間という抽象的なモノを作り上げていく作業です。例えていえば、その場の空気感を作り上げていくとでもいうような。模型は、その抽象的なモノをクライアントと共有していくための、とても有効な手段だと感じています。

001_4 002_2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です