燕のギャラリーハウス 鉛仕上げ扉

燕のギャラリーハウスのスタジオ扉は、
鉛貼り仕上げ(目地ハンダ付け処理)としました。
光の当たり方によって様々に表情を変える鉛。
何とも言えない独特の質感。
杉板貼りのラフな壁面仕上げとの絶妙な取り合い。

鉛仕上げ1

鉛仕上げ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です