矢代田の家 杉丸太から挽きだした板

矢代田の家の施工打合せのため、工務店、そりっどの事務所へ。
図面、資料、スケッチなどを机一杯に広げ、打合せ。
細かい納まり、仕上がりのイメージなど、図面では伝えきれない
微妙なニュアンスを工事側へと一つずつ伝えていきます。
今回リビングの天井は、杉の無垢板貼り仕上げ。
しかも今回は特別に、杉丸太からバンドソーで一枚一枚、板に挽いてもらいました。
この板を丸太を挽いた順に並べ、天井へ貼り込んでいく計画です。
倉庫に乾かしているとのことで、状態を確認。
それぞれ板の表情が異なり、面白い仕上がりになりそう。

001 002 003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です