アルネ・ヤコブセン設計「ベルビュービーチ監視塔」を訪れて

ベラヴィスタ正面の道路を渡り、海岸へ。砂浜へ降りると早速、目の前に白と水色ストライプの監視塔が現れます。アルネ・ヤコブセン設計のビーチ監視塔です。

高さ約4.5m。想像していたよりも随分と小さい。白ペンキで塗られた3本の丸太脚と少し大きめの監視かご。少しアンバランスなプロポーションが、頭でっかちといった印象で、とてもかわいらしい。

淡青の海と白い砂浜に呼応するように、水色と白に塗り分けられた監視塔。以前、雑誌で見た時は、なぜあのようなポップな色使いをしているのだろう、と思いましたが、実際にこの場に建ってみて、砂浜の色と淡い海の色を背景にとてもよく馴染んだ色使いであることを、ようやく納得しました。

北欧の風景の中に、このかわいらしい監視塔は、主張しすぎるでもなく、希薄すぎるでもなく、絶妙な存在感をもって建っていました。

901 902 903

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です