臨港の3世帯住宅 天井高と開放性で空間の質を変える

現場状況の確認のため、臨港の3世帯住宅の現場へ。
内装下地ボード、床フローリングがすでに貼り終え、
内部空間の雰囲気が分かるようになっていました。
1階と2階とも同じ平面のまま、
垂直方向には天井高さに変化を与え、
また水平方向には窓の開放度合いを変化させることで、
どの様に空間の質が変わるのか、という意図をもって設計しました。
1階の水平方向へ(外部へ)と広がる空間。
2階の垂直方向に(内部で)収束する空間。
1階と2階、同じプランで空間の質がここまで変わることに驚きを覚える。

003 002 001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。