燕のギャラリーハウス その場所に実際に建つこと

燕市長渡。プランニング中の住宅の建設予定地へ。
隣家との位置関係や、視線の抜け、陽の当たり具合など、
実際に敷地に立ち、その土地の雰囲気を体で感じ取る。
図面で書いた平面を、原寸で敷地に水糸を張って位置を確認する。
位置出しを行うことで、実際に建ち上がった時に窓からどんな風景が
見えるのか、室内にどんな陽が入ってくるのか、など、
より現実的にイメージができるようになる。

001 002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です