寺尾東の平屋 地面に接して暮らすこと

寺尾東の家の足場が解体されました。
真ん中に中庭を取り囲んだコの字型の配置が見えるようになりました。
2階建て住宅が密集する地域に、
ゆったりと平屋がたたずんでいます。
地面と近い暮らし。
地面に接して暮らすことで、地に足がつくといいますか、
日々、生活に安心感が生まれるのではないかと思います。
内部には家具が搬入され、足の踏み場もないほど。
いよいよラストスパート。現場が活気づいてきました。

003 002 001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です