「矢代田の家」H型平面プラン

施主さんとのヒアリングを重ね、いよいよ最終案へと近づいてきました。
上から見るとH型平面となっています。LDKが納まるパブリックな平屋棟と個室を納めた2階建てのプライベート棟が並び、玄関エリアで2つの棟が繋がるという構成。

最終案では、2つの棟を平行ではなく、少し角度をつけて配置しようと画策中。リビング棟に少し角度をつけることで、リビングから山の景色へと視線が向くことを意識しています。また同時に不整形な敷地に対して、建物がしっくりと納まり、敷地が有効に使えるようになりました。

平面スタディ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です